このページに書いてあることまとめ

  • ブリはあまり根に走らない魚
  • 地磯や沖磯ではまずは底から剥がしておく
  • 足元や岸際こそ気をつける
  • ブリじゃないなと思ったら・・・

ブリはあまり根に走らない魚

 ブリは他の青物、例えばカンパチやヒラマサと比べるとあまり根に向かって強烈に突っ走るような魚ではありません。

 ですので、ある程度は走らせてもOKです。

ショアジギングでブリ

 特に周りに誰もいない場合や、サーフや漁港なんかで何も障害物がない場合は時間をかければ獲れる魚です。

 無理にラインを巻き取ろうとしてラインブレイクさせる方がよほど勿体無いかと思います。

地磯や沖磯ではまずは底から剥がしておく

 ブリを狙いに外海に行くとすれば、必然的に地磯や沖磯なんかでショアジギングをすることになると思うのですが、こういったポイントではひとまず底から引き剥がして、可能な限り中層より上でブリを泳がせて釣りをしたいです。

 多少強引なやり取りになるかと思いますので、こう行ったことを想定し、ラインはやや太めに設定しておくことが鉄則です。

磯場でのジギング

 当然、ロッドの方もしっかりパワーのあるロッドでないと、ファーストランの時点でノされてしまい、好き放題されてしまいます。

 また、リールに関してはロッドやラインシステムとのバランスにもよるのですが、太めのラインシステムであれば、ドラグを1mmも出さない設定にしてファイトすることも可能です。

 魚をキャッチする!っという考えであれば、ヘビータックルにしてゴリ巻きすることが正解かもしれません、笑。

足元や岸際こそ気をつける

 これはブリに限った話ではないのですが、ロッドの先から魚までの距離があればあるほど、リーダーラインなどのクッション効果によりバラしてしまうことは少ないのですが、足元までラインを巻き取ってくるとこのクッション効果がなくなってくるのでバラしやすくなります。

シイラの取り込み

 上の写真はシイラの取り込みですが、シイラは比較的弱るまで取り込みできないので、案外と足元でも大丈夫w

 とはいえ、最後の抵抗で暴れだすのは青物だけでなく、マダイなんかでもよくある抵抗なのですが、魚が浮いたからと言って安心せず、最後の最後、タモに入るまでは油断しないようにしましょう^^

 私は過去にこれで何度も泣いていますのでww

ブリじゃないなと思ったら・・・

 何度も何度も釣りをしていると経験的に分かってくるのですが、最初の走りや首の振り方なんかでかかった魚種が分かるようになります。

 まぁ、分かるようになってきたらそれぞれ対処法も分かってくるわけですが・・・。

サワラをメタルバイブでゲット

 ヒラマサやカンパチは根に向かって走ったり、海底をなめる様に走り出します。マダイの場合は首振りが強烈です。

 ブリはというと、これらの魚を比べると、その場で暴れるといった感じですかね??(文章だと難しいw)

 いずれにせよ、どんな魚でもひとまず根から引きずり出しておくことが大切です。

 ブリだとある程度走らせても大丈夫ですが、それ以外の魚だと根ズレの危険もあるため、まずは引き剥がしておく方が無難だと思います。

Page top icon