このページに書いてあることまとめ

  • ブリを狙うならヘビークラスのロッドがオススメ
  • リールはハイギアで5000番以上がオススメ
  • ラインはPEの2~3号が無難
  • ジグは状況にもよるが80gまであると超安心!

ブリを狙うならヘビークラスのロッドがオススメ

 ハマチクラスの場合、最悪シーバスロッドやエギングロッドでもある程度は代用可能なのですが、ブリを狙うとなるとさすがに専用ロッドでしかもヘビークラスのロッドが欲しくなります。

 ヒラマサやカンパチと比べるとその引きはまだマシですが、それでもハマチと比べ物にはなりません。

ライトショアジギングロッド

 具体的な数値で書くとすれば、10フィート前後の長さ、クラスはヘビークラスで、80g程度までのジグを扱えるロッドが理想的です。

 ミディアムヘビーのロッドでもブリを獲ることは可能なのですが、やはり少し大変・・・と言わざるを得ません。

オススメのブリショアジギングロッド

 個人的に最初に買うべきショアジギングロッドはメジャークラフトのロッドがコスパもよくてオススメだと思っています。

 2本目からはダイワやシマノの大手メーカーのロッドなど、高価格なものを探せばいいかと思います^^

クロステージ CRX-1002MH

 堤防からサーフ、地磯とフィールドを問わず、活躍する万能モデルといえるのがこちらです。

 行くポイントがどんなところかわからない状態でロッドを買うのであれば、このくらいのロッドを用意しておいてもいいかもしれません。

 60g前後のメタルジグをメインに扱えますので、ハマチ以上がかかっても焦らないクラスのロッドです。

長さ:10'0” 自重:??g
PEライン:1.0~3.0号 ジグ:40~80g

リールはハイギアで5000番以上がオススメ

 完全に個人的なおすすめというところなのですが、ダイワのリールであればダイワ キャタリナ 4500H、シマノのリールであれば、ツインパワーSW6000XG辺りが必要かなと思います。

 バイオマスタークラスでも良いと思うのですが、6000番台がなかった、、のですが、6000番台も新たに追加されましたね^^

 おすすめはツインパワーですが、お財布事情でバイオマスターでもいいかと思います。

ダイワ キャタリナ 4500H

 ハンドル1回転の巻き取りが110㎝、ギヤ比5.7のハイスピードモデルがこちらです。

 ハイギヤ仕様ながらパワフルな巻き上げ力があるのでブリ以上のヒラマサ相手でも十分戦えるリールですね。

PEライン:4号300m 自重:590g
巻上長:110cm ドラグ力:~15kg

シマノ ツインパワーSW6000XG

 がっつりとブリをターゲットに戦うのであれば、さすがにツインパワー以上のモデルにしておきたいですね。

 リールサイズも6000番以上のハイギアモデルが必須となってくるところです。

 もしも、お財布に余裕があるのであれば、ステラの購入も超絶オススメですね(高いけどww)。

PEライン:3号300m 自重:425g
巻上長:112cm ドラグ力:8~13kg

ラインはPEの2~3号が無難

 ハマチクラスまでなら、正直1~1.5号まででほとんど獲れます。

 ハマチよりもう少し大きいメジロ(ワラサ)クラスがかかったとしてもまぁ1.5号で大丈夫なのですが、ブリを外海で掛ける・・・っとなると1ランク上を用意しておきたいです。

PEライン1.5号

 理由としましては、沖磯なんかでは強引にやり取りする必要性も出てきますので、最低でも2号くらいは欲しくなります。

 オフショアジギングで何もないところで戦えるのであれば、1号でもキャッチはできると思いますが、ショアジギングは地の利がほとんどありませんので、ゴリ巻きが必要なケースも多いのです。

ジグは状況にもよるが80gまであると超安心!

 ショアジギングで最も悔しい思いをすることといえば、ジグがポイントに届かない・・・っと言うことです。

 その次にどうしようもない状況になったなと感じるのが、潮が速すぎてジグが流される・・・っというものです。こういった状況になるとでブリを釣ることはかなり難しくなります。

エソしか釣れない状況

 上の写真はポイントに届かなくて、エソしか釣れなかった時の写真ですww

 逆に言えば、そこに届きさえすれば釣ることができる状況であるとも言えますね。

 ですので、メインで使わないにしても80gまでのジグを用意しておくことをオススメします。

 正直、ポイントに届かなければ、どんなに良いジグでもただの役立たずです、苦笑。

ショアジギングでメジロゲット

Page top icon