このページに書いてあることまとめ

  • ブリは盆明け~秋口がメインシーズン
  • ブリはできるだけ外海を狙おう
  • ブリのタナはハマチのタナより深い!
  • 速巻きよりもジャーク&フォールでじっくり狙う!

ブリは盆明け~秋口がメインシーズン

 ハマチサイズをショアジギングで狙うなら、水温が上がり始める時期(春)から晩秋までと長く楽しむことができます。

メジロクラスかも

 が、ブリクラスの大物を狙うとなるとメインシーズンは盆明け~秋口辺りが最も熱い時期になります。

 当然、この時期にしか釣れないというわけではないのですが、釣れている数を考えるとやはり盆明け~秋口になるかと思います。

 当サイトで使っているハマチやブリの写真はいずれも夏真っ盛りの時期のものが多いですね^^

ブリはできるだけ外海を狙おう

 そのポイントの地形や特性によって内湾に入ってくるようなところもあるかと思いますが、基本的に外海向きのポイントがオススメです。

 理由は当然、その潮通しの良さです。特に外海の磯場ともなると特に良いですね^^(写真は沖一文字です)

ショアジギングでブリ

 こういうポイントでは、足元からしっかりと水深もあり、(根ズレの原因になる岩礁帯も多いがw)時合に当たればバタバタと釣れるケースもあり、本当に熱い釣りをすることができます。

 また、日中でも水深があるのでマヅメ時じゃない時間帯でも狙えるので、チャンスが拡がります。

ブリのタナはハマチのタナより深い!

 ハマチなどの小さな個体は中層から上を遊泳していることが多いのですが、ブリともなると中層~ボトムを中心に活動していることが多いようです。

 ハマチ狙いだと着底を待たずにリトリーブを開始したり、着底してからでもジャカジャカと巻き上げて中層以上を狙うことも有効な手段ですが、ブリが相手だと中層より下を中心に狙いたいですね。

ブリのナブラ

 とはいえ、高活性のときは中層以上のところを遊泳しているかもしれませんし、上の写真のようにナブラってるときなんかは例外なので、色々試してみることが良いかもしれませんね。

 その時の状況判断が大切なこともあるわけです(だからこそ難しい、苦笑)。

 ナブラの時はメタルジグよりもポッパーやフローティングミノーの方が良いこともありますよね。

速巻きよりもジャーク&フォールでじっくり狙う!

 ブリのタナが中層~ボトムというのは上の項目で紹介しました。

 では、アクションはどうなるのかというと、中層~ボトムをじっくり探れるジャーク&フォールが有効だと言われています。

ショアスローのやり方

 普通のジャーク&フォールよりもロングジャーク&ロングフォールやショアスローの攻め方が個人的にはおすすめだと思っています。

 底をなめるようにジャーク&フォールを繰り返すのが良いケースもあれば、ある程度ハイピッチで巻き上げ、フォールを中心に食わせる方が良いようなケースもあり、この辺りの選択肢は本当に色々です。

 このあたりの状況判断は、経験がモノをいうところでもあるかと思います。

Page top icon