このページに書いてあることまとめ

  • 初心者は黙ってただ巻きでOK
  • ロッドを立てる場合と、倒す場合だけは使い分けよう
  • ストップを加えると拡がるアクション幅

初心者は黙ってただ巻きでOK

 特に釣り自体が初心者の方にはただ巻きをオススメします。

 理由は無理にジャークなどのアクションを入れてチグハグな動きをさせるより、ロッドをしっかり固定し、リーリングの強弱をつけるだけの方がよほど安定感のあるアクションになるからです。

激投ジグ

 最近のジグは巻くだけでしっかりウォブリングしてくれるものが多いので、ハマチの群れさえ入っていれば、それだけで釣れることも多いからです。

 とはいえ、それだけでハマチがバンバン釣れるかというとそういう話でもないので、ご注意を。

 周りは釣れているのに自分だけ釣れないのであれば、ジャークなんかも取り入れていく必要はあります。

ロッドを立てる場合と、倒す場合だけは使い分けよう

 ポイントの水深や潮の速さ、地形の特徴にもよるので、一概には言えないところもあるのですが、一般に、ロッドを立ててリーリングすると底から上までをサラリとジグでなめる様に引くことができます。

 こうすることによって、幅広いタナをチェックすることができますので、タナが分からない内はロッドを立ててリーリングすることが良いと思います。

竿を立てて釣りをする

 逆に、ロッドを倒してリーリングすると、徐々にジグは浮き上がってくるものの、その浮き上がりを最小限に押さえ、一定の層をリーリングしやすくなります。

 特に、タナが底付近と明らかである場合はしっかりロッドを倒してただ巻きしたいところですね^^

ストップを加えると拡がるアクション幅

 ただ巻きをしろといっても、ただ巻くだけだとどうしてもジグが浮き上がってきてしまいます。

ストップの釣り

 タナが中層以深の場合は、ずっとただ巻きをしているようではジグがそのタナを泳がないことになりますので、一定のところでストップを入れて、カーブフォールやフリーフォールで再度の着底を待ちましょう。

 また、カーブフォールにしろ、フリーフォールにせよ、そのフォール自体が新たなアクションにもなっていますので、フォールだからと言って油断してはいけません。

カーブフォール

 フォール中はハマチが食ってくることも多いのです(フォールに関することはジャーク&フォールのページで)。

 逆にタナが浅い位置である場合は、ストップは必要ありません。ジグを着底すらさせずにひたすらただ巻きをする方が良い状況もあるかと思います。

 この辺りは臨機応変、その場の状況などをしっかり読み取りましょう^^

Page top icon