このページに書いてあることまとめ

  • まずはしっかり血抜きをしましょう
  • ついでに神経締めもしておくと良いかもしれません
  • 潮氷で浸け込むとかなり鮮度が保たれます
  • とは言え、時合のピーク時は放置でも良いかも

まずはしっかり血抜きをしましょう

 釣り上げたらまずはエラからナイフを入れて切って、尾っぽをカットして頭を下にしてバケツに入れます。

血抜きのイメージ

 こうすることでハマチが暴れることで自然と血が抜けていきます。

 うまく血抜きができていなかった場合、尾っぽに近い部分辺りが生臭くなってしまったりして刺身で食べると残念な味になることがあります。

 もし、うまく抜けていないようであれば、エラ付近をガッツリ切り落としてしまってみるのもありです。

 サイズが小さいのであれば、首を折ってサバ折りにし、尾っぽも折り曲げると血はさらに出やすくなるかと思います。

ついでに神経締めもしておくと良いかもしれません

 神経締めをするためのワイヤーのようなものが釣り具屋さんなんかで販売しています(下写真参照)ので、それを持って行っておくとさらに美味しくハマチを締めることができます。

 ちょっとバタバタと釣れているタイミングでは難しいかもしれないのですが、持ち帰って食べるのであればできるだけ釣ってから早い段階で神経締めをしておきたいですね。

 ざっくりしたイラストで申し訳ないのですが、尾びれの断面のつもりです、笑。

神経締めを通すポイント

 背骨のちょい上付近に神経の通っている箇所が見えると思いますので、そこに神経締めワイヤーをスルスルっと通せばそれで神経締め完了なのです。

 最初は戸惑いますが、なれるとサクサクできるようになりますよ。尾びれから入れる方法と、鼻付近から入れる方法の2通りありますが、どちらでもOKです。

 但し、ブリなどのサイズになってくると鼻から入れるのは難しくなりますので、尾びれ側からやる方が良いと思います。

丸めて収納できる 神経締め

 ハマチクラスだと50㎝くらいの神経締めワイヤーで大丈夫ですが、少しサイズのいいものが釣れると80cmは欲しくなります。

 と、いうことでショアジギングに神経締めワイヤーを持っていくのであれば80㎝がオススメです。

ハマチの神経締めの動画

 マダイの動画と思いきや、2~4匹目あたり(35秒くらい)はハマチが神経締めされていますので、参考程度に見てみてください。鼻付近からスルスルっとやってる動画です^^

 漁師さんだから早いんだと思うかもしれませんが、慣れれば本当にこのくらいの速度感でできるようになりますよw

潮氷で浸け込むとかなり鮮度が保たれます

 ハマチが生きている段階で神経締めをすることができたなら、潮氷に浸けこんでおけば硬直せずに12時間程度鮮魚状態を保つことができるとされています。

12時間

 ただし、あくまでも生きた状態で神経締めをした場合の話です。

 死んだハマチに神経締めをしたとしてもその効力はほとんどないと言われています。死ぬまでの間に鮮度が落ちるわけですね。

 ちなみに漁師さん曰く、潮氷のベストなものは、海水が60%で真水が40%のところに氷をぶち込んでできるもののようです。

ハマチの氷漬け

 釣り場で完璧同じものを作るのはちょっと難しい感じですので、海水100%のところに氷を入れて真水が徐々に増えていくのを待つ・・・っという方法しかないかもしれませんね、汗。

とは言え、時合のピーク時は放置でも良いかも

 後から食べることを中心に考えると、確かに釣ってすぐに血抜きをして神経締めすることが一番良いわけなのですが、時合のピークのときは釣り逃す方が勿体無い気がします。

ハマチ、タチウオ、サゴシ

 エラからナイフを入れて、尾っぽもカットしてとりあえずバケツに突っ込んでおいて次を釣るという方向でも構わないと思います。

 さすがに良いサイズのブリやカンパチなど魚が釣れた場合は血抜き、神経締めを優先した方がいいとは思いますけどね^^

Page top icon