このページに書いてあることまとめ

  • アシストフック1本だけで十分
  • 段差付き2本アシストフックもおすすめ!
  • ラインとのトラブル、テーリングに注意!
  • ジグの太さとゲイブ幅に注意

アシストフック1本だけで十分

 正直、ハマチを釣るだけなら標準装備のトレブルフックでも特に問題はないと思います。

 ただ、アシストフック1本だけに変える方が、根がかり、ライントラブル(テーリング)など細々としたトラブルが減るので、写真のようにアシストフック1本(フロント部のみ)で釣りに行くことが多いです。

アシストフックは1本

 リア部(後ろ側)にもテールフックを付けたくなるところですが、付けても付けなくてもどちらでも良いと思いますが、トラブルを起こすようなら外す方が無難ですね。

 ほとんどの場合で青物はジグを丸のみしているので、その時点でリア部もフロント部もないと思っています。また、ブリ属は目のある頭から獲物を喰らうとも聞いたことがあります。

 ここまで考えると、フロント部(前側)のみのアシストフック1本で十分なんじゃないかと思うこの頃です。

段差付き2本アシストフックもおすすめ!

 2本針の方がフッキングしやすいような感じがすることもあるので、段差付きの2本アシストフックもおすすめだと思います。

2本のアシストフック

 ショアジギングの話じゃなくなりますが、オフショアジギングのジグにはこれを採用していることが私は多いです(特にロングジグ)。

 ショアジギングでも同じように、少し長いジグだと採用していることもあります。

シャウト ライトゲームアシスト

 他のフックと比べて太軸であることが最大の特徴だと思います。

 ハマチクラスからブリクラスまでしっかり使える段差のダブルフックです。

ラインとのトラブル、テーリングに注意!

 ジグをシャクっていると急に重くなった感じがして、もしかすると当たった?っと一瞬思ってしまったりする厄介なアレですが、テーリングです、苦笑。

 リア部にアシストフックを付けているとなってしまう現象で、ラインにアシストフックが掛かって起こるジグがエビってしまう現象です(下の写真)。

テーリング

 おそらくはジャークやシャクリ方が激しかったり、タイミングが合ってないと絡んでしまいやすく、フックの長さが長すぎるときにも起こりやすいです。

 何度も何度も起こるようであれば、釣り自体に支障が出てくるので、アシストフックを短いものに変えるなど、工夫しないと釣れるものも釣れなくなってしまいます。

ジグの太さとゲイブ幅に注意

 ゲイブ幅というのは写真にある矢印の幅の間のことなんですが…。

ゲイブ幅

 この幅とジグの太さがジャストの場合、この間にジグがすっぽりと入ってしまうことがあります

 針のかえし部分がジグに軽く刺さってしまったりして、がっちり固定されてしまったりすることもあります。

 こうなるとたぶん魚が掛かったとしても、フッキングしない・・・っと思います、苦笑。

ゲイブ幅にジグがハマる

 どのフックとどのジグで起こるのかは実際に付けて使ってみないと分からないことも多いので、事前に予測しにくいのが困りものです。

 釣りをしている途中に何度も起こるのであれば、フックとジグの組み合わせを変える必要が出てきますね(右側の写真がすっぽり、がっちりフックが掛かってしまっている状態です、苦笑。)

Page top icon