このページに書いてあることまとめ

  • 標準のフックは使いたかったら使えば良い
  • 個人的には標準装備のトレブルフックは外します!
  • そもそもフックが付いていないジグの方が多い?
  • 日本産のフックはこれ以上ないくらいに優秀だ

標準のフックは使いたかったら使えば良い

 この写真は標準装備のフックで釣ったハマチの写真でございます。どんな魚でもそうだと思うのですが、標準装備のフックでも十分釣り上げることは可能です。

トレブルフックでの釣果

 よほどの大物が掛かった、よほど長期間使用していて耐久性が落ちていた、などのことがない限りハマチがキャッチできないことはないかと思います。

 ただ、もし、フックが折れてしまったり、フッキングがうまくいかなかったときなんかにたぶんこのフックのせいで・・・っと思ってしまうのは仕方ないかもしれません、苦笑。

 要は、そんなことをまるっと含めて標準装備のフックを使っても良いと思うなら使えば良いし、いや、俺は替えるぞ!!っと思うなら替えれば良いと思います。

個人的には標準装備のトレブルフックは外します!

 どういうターゲットを相手にしているか、どういうポイントで釣りをするのかで変わるところもあるのですが、青物相手のときは標準装備のトレブルフックは外してしまって、アシストタイプのフックに交換することが多いです。

アシストフック

 標準フックのことを信用できるかできないかというよりは、以下のような理由です。

 トレブルフックは魚がアタックしたときにそのままフッキングすることもあり、メリットがないこともないのですが、そのままだと、根がかりが多くなる、ハネやすいジグのときにラインとフックが絡むことが多くなる、バラシが多くなるといったデメリットもあるので、私は替えるようにしています。

 ただ、サゴシ(サワラ)が回っていてジグを飲まれたくないときや、根がかりが極端に少ないポイントを攻めるとき、表層巻きでほぼ釣れるときなんかはそのままで行くときもありますが・・・。

そもそもフックが付いていないジグの方が多い?

 メーカーにもよりますし、そのジグの性質にもよるのですが、最近はジグにフックもスプリットリングも付いていない、ジグそのものだけが売られていることが多くなってきているように思います。

フックのないジグ

 以前、フィッシングショーで釣り具メーカーの人にジグの付属のフックの話を聞いたことがあるのですが、外す人の方が多いとのアンケート結果が出たため、コスト削減と手間削減のためにフックはなしにすることに決まったと聞いたことがあります。

 まぁ、コスト削減につながってジグが安くなってるならこちらとしては文句のつけようもないですね^^

日本産のフックはこれ以上ないくらいに優秀だ

 日本の、国産のフックメーカー(例えば、がまかつさんとか、ヴァンフックさんとか)なら新品のフックであれば貫通性も耐久性も心配無用というところがあります。

 かなりの負荷にも耐えられるようになっていて、ターゲットに対する適切なフックサイズの間違えさえしなければ折れてしまうようなことはまずありません。

 それくらい優秀なフックが多いと言われています(これはプロの方々も言ってますねー)。

ジグパラ

 とは言え、忘れてはいけないのが、フックは消耗品であるということです。ダメだと感じるようなことがあればすぐに交換することをオススメします。

 特に一度使用したものは勿体無い気もしますが、替えてしまう方が無難だと思います。

 ま、ハマチ相手だとそれほど気にしなくてもいい気もするのですが、もし、良い魚が掛かったら泣きを見るかもしれませんので・・・。

Page top icon