このページに書いてあることまとめ

  • シーバスロッドは正直おすすめしません
  • ショアジギングのロッド選びの注意点
  • ハマチ狙いのおすすめライトショアジギングロッド
  • その先も狙うなら一般的なショアジギロッドがオススメ

シーバスロッドは正直おすすめしません

 とりあえず、ショアジギングをやってみたいというのであれば、最初はシーバスロッドでも遊べるかと思います。

 ただし、シーバスロッドでもしっかりパワーのあるモデルであれば十分大丈夫です。

シーバスゲット

 が、やはり大半のシーバスロッドは、ジグを使える範疇ではないモデルも多く、キャスティング時やシャクリをするケースにおいてパワー不足感は否めません。

 ファイトだけに限定するのであれば、ハマチやマダイクラスでも問題ないと言えますけどね。

ショアジギに使えるシーバスロッドのスペック

 一般的な9フィートくらいのミディアムクラス以上のシーバスロッドなら、30g以下ジグなら何とか使えると思います(詳しくは自分のロッドのスペックを見てください)。

 オススメのスペックは以下くらいのモデルかなぁと思います。

  • 9フィート以上の長さ
  • ミディアムヘビー以上のクラス
  • ルアーウエイトが30g前後を扱えるモデル

 最近のロッドはかなり高性能なモデルが多いので、多少のウエイトオーバーでも極端なジャークやシャクリをしなければ大抵は大丈夫だと思うのですが、やはりショアジギ専門ロッドには敵わない部分が多いですね。

 ロッドが破損したら泣けるので、長くショアジギングを楽しむつもりであれば、専用ロッドの購入をオススメします^^

ショアジギングのロッド選びの注意点

 ショアジギング専用モデルを買おうと思っても、ショアジギングロッドのスペックの幅って結構幅広いんですよね。

 それこそ近海で小魚と遊べるモデルから、磯場でヒラマサ狙うモデルまでね・・・。

ショアジギングロッド

 ってことで、ここではショアジギ専用ロッド選びの注意点を紹介したいと思います。

ハマチ狙いなのか、その先も狙うのかを決める

 ロッド選びをするよりも前に、まずは1つ決めておきたいことがあります。

 ハマチ狙いを中心にショアジギロッドを選ぶのか、ハマチ以上のサイズも狙うためのロッドを選ぶのかです。

ライトショアジギングロッドでブリ

 要はライトショアジギングロッドなのか、通常の大型魚も狙える割とガチなショアジギングロッドを選ぶのかということです。

 どちらのモデルを選んでもハマチなら余裕で釣ることができますが、それ以上のターゲットを狙うとなると、ルアーウエイトの幅やロッドのパワーが力負けしてしまうケースが出てきます。

 ちなみに上のブリの写真はライトショアジギングロッドでゲットしたのですが、足場もよく、根もない堤防ポイントだったためキャッチできただけです。磯場だと獲れてないですね^^;

ハマチ狙いのショアジギングロッドのスペック

 ハマチ狙いのショアジギングロッドだと、

  • 9~10フィートの長さのロッド
  • ジグウエイトが40g前後まで扱えるロッド
  • 1~2号くらいのPEライン適合ロッド
  • ライトショアジギングに分類されるロッド

 このあたりのモデルになるかなと思います。

太刀魚サゴシハマチをゲット

 上の写真くらいのサイズのターゲットがメインになるかなと思います。

 つまり、このクラスのロッドだとメバルやカサゴ、サバなどの小型ターゲットを狙うのはやや難しいし、つまらないですし、逆にブリやカンパチなどの大型ターゲットがかかるとてんてこ舞いする可能性があります(ゲーム性は増しそうですが、笑)。

ハマチ狙いのおすすめライトショアジギングロッド

 完全に個人的なおすすめというところなのですが、最初にハマチのショアジギングを始めようという感じであれば、ライトショアジギングのロッドが良いと思います。

 通常のショアジギングモデルを買うとハマチクラスだとあまり楽しめないので・・・。

 で、その中でもメジャークラフトのショアジギングロッドがコスパもよくて初心者さんにはオススメですね。

クロステージ CRX-962LSJ

 ライトショアジギングにおいては定番となるモデルで、堤防ではもちろんのこと、サーフや地磯などさまざまなフィールドで活躍します。

 比較的足場の良い場所で最も活躍するモデルで、ハマチくらいのターゲットに最も最適といえますね。

 ブリクラスでもあげられると思いますが、ややしんどいと言えますね^^;

長さ:9'6” 自重:??g
PEライン:1.0~2.5号 ジグ:30~50g

クロステージ CRX-1002LSJ

 上で紹介したモデルよりもやや長さを持たせたモデルで、より遠浅のサーフやど遠投力が必要とされるポイントでオススメできるロッドです。

 また、多少足場が高いポイントでも楽に釣りが展開できるので、そういったポイントに入る方にオススメできるエントリーモデルのライトショアジギングロッドです

長さ:10'0” 自重:??g
PEライン:1.0~2.5号 ジグ:30~50g

その先も狙うなら一般的なショアジギロッドがオススメ

 こちらもコスパ重視で考えて、メジャーフクラフトのショアジギロッドがおすすめだと思います。

 ジグ以外のルアーも扱えますし、ロッドの長さ、パワーともにあり、幅広いシーン、幅広いターゲットを狙うことができるロッドだと思います。

クロステージ CRX-962MH

 ショアジギングで使用頻度の高い60g前後のメタルジグをメインに扱うためのロッドです。

 ハマチも狙いたいけど、それ以上も視野に入れているという方にオススメできるバーサタイルモデルで、キレの良いジャークが得意な1本です。

長さ:9'6” 自重:??g
PEライン:1.0~3.0号 ジグ:40~80g

クロステージ CRX-1002MH

 堤防からサーフ、地磯とフィールドを問わず、活躍する万能モデルといえるのがこちらです。

 行くポイントがどんなところかわからない状態でロッドを買うのであれば、このくらいのロッドを用意しておいてもいいかもしれません。

 60g前後のメタルジグをメインに扱えますので、ハマチ以上がかかっても焦らないクラスのロッドです。

長さ:10'0” 自重:??g
PEライン:1.0~3.0号 ジグ:40~80g

 ただ、これはロッドメーカーに無関係な話ですが、ハマチメインとなると通常のショアジギングロッドはパワーがあるので、やり取りが物足りなく感じるかもしれません。

Page top icon