このページに書いてあることまとめ

  • ショアジギングロッドで青物の餌釣りをする
  • ショアジギングの延長上の餌釣りで太刀魚を狙う
  • 虫エサを用意しておいてチョイ投げで探る
  • エサ釣りに逃げず、タコを狙う

ショアジギングロッドで青物の餌釣りをする

 ショアジギングに来た時点でおおよそメインのターゲットは青物になるかと思います。

飲ませで釣れたハマチ

 餌釣りに逃げるにしても、狙うターゲットだけは変えたくないという方にオススメの餌釣りがこちらになります。

 ジグサビキでも良いのですが、確実にエサを狙うためにもサビキ釣りのセットを用意しておきましょう。

 具体的には以下の3つは用意しておきたいですね。

  • アジ釣りのためのサビキ
  • 用意できるならアミエビ
  • アジを生かしておくためのバケツ

 竿はショアジギングロッドでも問題ありませんが、サビキ用のサブの竿があればアジの調達が楽になります。

 そしてアジをゲットすれば、エレベーター仕掛けでアジの飲ませ釣りをするのです。

アジの飲ませ釣りエレベーター仕掛け

 エレベーター仕掛けはかなり簡素な仕掛けになるので、用意するものといえばハリ、オモリくらいですね。

ショアジギロッドでできる飲ませ釣り

 ショアジギで使っているリーダーラインやスナップサルカンを代用すれば現場ですぐに作れます。

 仕掛けが完成したらまずはジグ(オモリ)だけをフルキャストし、着底させたら後からスナップサルカンをラインにかけ、アジを投入します。

エレベーター仕掛けのコツ

 こうすることでアジが弱りにくくなり、長持ちします。あとはアタリがあるまで待ち、しっかり食い込んでからフッキングへ持ち込みましょう。

ショアジギングの延長上の餌釣りで太刀魚を狙う

 まだ早朝の暗いうちや、夕方以降暗くなり始めてからは、ポイントによっては太刀魚が狙えるところもあるかと思います。

 そういう時はエサのキビナゴと太刀魚ゲッターがあれば最強の餌釣りが可能です。

タチウオゲッター

 上の写真を見てもらえれば大体わかると思いますが、ジグヘッドのような形状の仕掛けで、キビナゴを挟み込んで使うものです。

 ほとんどルアー釣りと変わらないくらいの勢いの餌釣りですね。

 もちろん太刀魚はショアジギングで釣れるのですが、どうしてもジグでは食いがよくない状況にこの太刀魚ゲッターを使うとボウズ逃れになりますよ^^

 最近は、ショアジギング師も最初からこれで太刀魚をゲットしてボウズ逃れをしてから青物を狙っているような気がしますww

虫エサを用意しておいてチョイ投げで探る

 ここまでくると完全に餌釣りとしか言いようがないのですが、ゴカイやイソメなどの虫エサと市販の胴付き仕掛けを持っていくものになります。

ゴンズイ

 ちょっと上の写真は釣れているのがゴンズイで残念な気持ちにしかならない写真にはなっていますが、カサゴやメバル、ポイントによってはホウボウなんかが釣れることもあるので、五目釣りを楽しめますよ^^

 ショアジギロッドでの胴付き仕掛けなので、多少オモリが重たくても遠投できるので、広く探ることができますよ。

エサ釣りに逃げず、タコを狙う

 これは関西圏では多い逃げ道かなと思っているのですが、タコ釣りをするのも面白いです。

ショアジギロッドでタコ釣り

 ジグの中に混じってタコエギを買ってタックルケースに忍ばせておきましょう。

 タコエギのウエイトにもよりますが、ショアジギロッドでキャストするのにちょうどいいくらいですので、ジグをタコエギに変えるだけなので、何ら違和感を感じずタコ釣りに移行することができますw

タコエギ

 とにかくキャストして底をズルズルと引いてくるだけで、根がかりしたかな??っと思ったら大体がタコですw

 思いっきりフッキングして底から一気に引きはがしましょう、張り付かれたらショアジギロッドでも結構大変です(ライトショアジギロッドならさらに大変w)。

ショアジギロッドでも餌釣りができる

 ここで紹介した餌釣り4種類以外にもほかにもできることがあるとは思いますが、私がよく逃げるのがこの4つのどれかになります。

 もし、ショアジギに心が折れてしまった、時合がもう過ぎたのでジグでは厳しい時間帯になってしまった、などそういったときに試してみてほしい釣りです^^

Page top icon