このページに書いてあることまとめ

  • ショアジギングの基本的なポイント
  • ショアジギングはあらゆるところがポイントになり得る
  • 浅い・深いは関係なく、そこにターゲットがいるかいないか
  • 初心者は釣れている時期に釣れているポイントに入ること

ショアジギングの基本的なポイント

 ざっと思いつくままにポイントを列挙してみたいと思います。

ショアジギングポイント

 ここにあげたポイント以外にもたくさんあるかと思いますが・・・。

ショアジギングの基本的なポイント
堤防 海釣りで最も身近で基本的なポイントだと思います。
湾内 ターゲットを選べば、湾内でも十分ショアジギングができます。
河口域 サーフではマゴチやヒラメなんかが狙えますよ。
地磯・沖磯 外海に面しているところだと大物のチャンスもあるかも!
地磯・沖磯 外海に面しているところだと大物のチャンスもあるかも!
沖一文字 足場もよく、大物のチャンスが潜むポイントの1つです。

ショアジギングはあらゆるところがポイントになり得る

 上で紹介した分だけでも分かるかと思うのですが、ショアジギングではありとあらゆるポイントが釣りポイントになる可能性があります。

餌釣り師のポイント

 他の釣りと大きく異なり、飛距離が稼げる釣りなので、通常届かないポイントにもジグ(ルアー)を届かせることができるので、足元が釣りにならないようなところでも釣りが成立するポイントもあるのです。

 また、磯場やゴロタ石などが広がるポイントでは、根がかりしやすいということもあり、かなりの穴場となっているケースも多いです。

 ショアジギになれない最初のうちは実績ポイントや釣り人がいるポイントに入るほうが無難ですが、ショアジギングに慣れてきたら新しいポイントを開拓していくのも楽しみの一つかもしれません^^

浅い・深いは関係なく、そこにターゲットがいるかいないか

 ショアジギングだけでなく、ジギングでもそうなのですが、あまりにもポイントが浅いとなんだか釣れない気持ちになってしまいます。

 実際、ジグを浅いところにキャストするとあっという間に着底し、根がかりの可能性が増えたり、軽いジグを使用することになって飛距離が稼げないなど、いくつかのデメリットは確かにありますが、釣れるか釣れないかで考えれば、浅い深いは無関係です。

テトラのショアジギポイント

 極端な話、そこでターゲットが釣れているかどうかが最も重要な事柄といえます。

 サーフなんかでは浅場が中心の釣りになることも多いですが、サバ、カツオ、ヒラメやマゴチなど狙えるターゲットも当然いるわけです。

 浅い深いで物事を考えるよりも、そのポイントに狙いのターゲットがいるかどうか、そのターゲットのエサとなるベイト(小魚)が入っているか。

 など、総合的な判断で釣れる釣れないを判断すると良いと思います。

 また、先入観を持たず、一度そこでロッドを振ってみるのも面白いかもしれません。ショアジギングでは何が釣れるか分かりませんよ??

初心者は釣れている時期に釣れているポイントに入ること

 っとまぁ、ショアジギングではあらゆるポイントがポイントになりうるとは書きましたが、ショアジギ初心者はまずは実績のある有名ポイントから始めることをオススメします。

 確実に釣れている場所でロッド(竿)を振ることがまずは大切だと思います。

ショアジギングでサゴシ

 そうでないと、ポイントが悪くて釣れないのか、腕が悪いのか、ジグが悪いのかなど、釣れない不安な心だけが強くなっていってしまいます、苦笑。

 周りの釣り人の様子なんかも覗けますし、プレッシャーが高くとも人気のポイントでデビューすることをオススメします^^

Page top icon