このページに書いてあることまとめ

  • ショアジギング=ショア(岸)+ジグ(ルアー)+ing(進行形)
  • 魚に似せた金属の固まりのルアー(ジグ)を投げまくる釣り
  • ショアジギングは経験の差が出やすい釣り
  • ジギングだからと言ってジグにこだわらない方が良い

ショアジギ=ショア(岸)+ジグ(ルアー)

 あまりにもざっくりと表現していますが、まさにショアジギング=ショア(岸)+ジグ(ルアー)+ing(進行形)です。

 岸からジグというルアーを思いっきりブン投げて、ロッドの操作で小魚を演出していく釣り方のことです(下の写真にあるのがそのジグというルアーです)。

ショアスローのジグ

 数ある海のルアー釣りの中でも高い人気のある釣りの1つだと思います。

 当サイトでは、ハマチをメインのターゲットとして解説していますが、ハマチ以外にもカンパチ(シオ)、サワラ(サゴシ)、カツオ、サバ、ヒラメ、タチウオ、マダイ、カマス、メッキ、メバル、ソイ・・・などなど。

 とにかく小魚を捕食している魚であれば何でも釣れる可能性のある楽しいジャンルです。

魚に似せた金属の固まりのルアー(ジグ)を投げまくる釣り

 上でも書きましたが、ショアジギングは、ジグというキラキラ光る金属の塊のルアーを海に大遠投して、ハマチなどの肉食魚にアピールする釣りです。

ジギング用のジグ

 ウチの娘ちゃんが持っているジグはショアジギング用のジグではないのですが、一般に、3gのジグ~80gまでのそのターゲットフィッシュに合うジグを選択し、ターゲットを狙います。

 金属の塊である分、他のルアーよりも格段に飛距離が出るので陸からでも十分広く探ることができるのがショアジギングの特徴です。

 正直、重いジグを思いっきり大遠投するだけでもかなりのストレス解消になる釣りとも言えるかもしれません、笑。

ショアジギングは経験の差が出やすい釣り

 極端に言えば、ショアジギングはジグを投げて巻くだけの釣りです。はっきりいってやることはそれほど多くなく、単純な釣りで、かつ運にも左右されやすいです。

 ですので、初心者でも様々なチャンスがあり、夢が広がっています、笑。が、その分、経験の差が出やすい釣りだとも言えます。

釣果に差が出るポイント
ジグのチョイス どんなジグが良いのかを選んだり見抜く力があるとないとではかなりの差が出る。
ジグの動かし方 同じジグでも釣れる、釣れないに差が出ることもある。動かし方は重要事項です。
ポイントの選択 釣れるポイントを確保できるのか、できないのかでもかなり有利不利が出ます。
時合の知識 ポイントに通い、釣れる時間帯かを知っていることは最強最大の武器です。

 挙げ始めるとキリがないのでこの辺でやめておきますが、単純な釣りだからこそ差が出やすいんだと思います。

 でも、ビギナーズラックという言葉もありますので、初心者だから釣れないという釣りでもありません^^

ジギングだからと言ってジグにこだわらない方が良い

 当サイトはショアジギングのことを書いているサイトなので、ジギングを中心に書いていますが、実際に釣りに行くときはジグ以外のルアーも持っていくと楽しいです^^

ポッパーでシイラ

 例えば、この写真にもあるポッパーというルアーを持っていってシイラが回遊してきたらジグを一旦中断してポッパーゲームを楽しむ!!っということもできます。

 場合によっては複数のタックルを持っていっても良いですし、楽しみ方は様々です!!

バイブレーションでタチウオ

 バイブレーションを持っていってタチウオやサゴシを狙うだとか、ワーム+ジグヘッドで根魚を狙うだとかも当然できます。

 もちろん、ジグのままで、サゴシ、タチウオを狙うことだってできます。タックルバランスさえ考えておけば、1本のロッドで色々することもできます。

 とにかく、ショアジギングはに夢とロマンが詰まってるわけです!!(たぶん)

Page top icon